国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)

JA / EN

国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)は、障がいのある方も、ない方も、
すべての人にご利用いただける施設です。障がい者が主役の芸術・文化・国際交流活動の機会を創出し、
障がい者の社会参加促進をめざします。施設内には、多目的ホールや研修室、宿泊室、レストランを備えています。

事業案内

プロジェクト

  • HOME
  •   ⟩  事業案内
  •   ⟩  熊本大震災の現状報告&シンポジウム「大震災と障害者」
  • シンポジウム・フォーラム
  • 開催終了
  • 募集終了

熊本大震災の現状報告&シンポジウム「大震災と障害者」

  • 開催日 2016年 9月 25日 (日) 12:30 〜 15:10

Big-i主催

インフォメーション

開催日

2016年 9月 25日 (日) 12:30 〜 15:10

受付開始12:00

時間

主催

お問合せ

ビッグ・アイ「大震災と障害者」係
〒590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-8-1
TEL072-290-0962 FAX072-290-0972

募集要項

定員

800名

バリアフリー対応

手話通訳
要約筆記
音声補聴
点字資料

費用

1,000円(当日受付にて受領します)

応募方法

参加費:申込不要(当日、直接会場までお越しください)

内容

熊本大震災の現状報告&シンポジウム

テーマ 大震災と障害者
熊本、福島・東北、阪神淡路の現在(いま) ~被災地からの報告とこれからを語り合う~

阪神・淡路大震災から20年。
東日本大震災・福島原発事故から5年。
そしてくまもと大震災。
この20年の中で、多くの街の日常が奪われた。
その時々に感じ見えてきたこと、そしてこれからのことを話し互いに深め、今後に備える以上に、一人ひとりの毎日や私たちの取り組んでいかなくてはいけないことを発見し検証し考えて参りましょう。

特別報告 12:30~13:30(60 分)
「熊本大震災現地からの報告」
東 俊裕 さん(被災地障害者センターくまもと 事務局長)

「熊本学園大学における避難所運営の中から見えたこと」
花田 昌宣 さん(熊本学園大学)

シンポジウム 13:40~15:10(90 分)
「被災地は今~そしてこれから」
≪登壇者≫
福島より 鈴木 絹江さん(NPO 法人ケア・ステーションゆうとぴあ理事長)
熊本より くまもと障害者労働センタースタッフ
阪神淡路より 井奥 裕之さん(自立生活センター神戸 Beすけっと)
コーディネーター 葛城 朋子さん(大津市社会福祉協議会 地域福祉課)

一覧へ戻る

Contact

お問合せ

宿泊室に関するお問合せ

072-290-0900

受付時間:9:00~23:00

宿泊のご予約はこちら

多目的ホール・研修室のご利用に関するお問合せ

072-290-0900

受付時間:9:00~23:00

多目的ホール・研修室のご利用に関するお問合せフォームはこちら

事業・ホームページ・情報紙に関するお問合せ

072-290-0962

受付時間:平日 10:00~18:00

事業・ホームページ・情報紙に関するお問合せフォームはこちら