国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)

JA / EN

国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)は、障がいのある方も、ない方も、
すべての人にご利用いただける施設です。障がい者が主役の芸術・文化・国際交流活動の機会を創出し、
障がい者の社会参加促進をめざします。施設内には、多目的ホールや研修室、宿泊室、レストランを備えています。

事業案内

プロジェクト

  • HOME
  •   ⟩  事業案内
  •   ⟩  【企画展】高橋りく マリス 個展 in ビッグ・アイ
  • 公演・イベント
  • 開催終了
  • 募集終了

【企画展】高橋りく マリス 個展 in ビッグ・アイ

  • 開催日 2013年 8月 10日 (土) 10:00 〜 18日 (日) 17:00

Big-i主催

インフォメーション

開催日

2013年 8月 10日 (土) 10:00 〜 18日 (日) 17:00

各日10時~17時

時間

主催

ビッグ・アイ共働機構

会場

ビッグ・アイ(国際障害者交流センター)バリアフリープラザ

お問合せ

ビッグ・アイ「アートプロジェクト」係
〒590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-8-1
TEL 072-290-0962 FAX 072-290-0972

募集要項

費用

参加費:無料

応募方法

入場自由

内容

光の肌ざわり
色彩の香り

高橋りく マリス 個展 in ビッグ・アイ

≪マリスとは≫
現代美術アーティストの高橋りくさんが発明した、視覚に障がいのある人も一緒に、すべての人が鑑賞できる新たな絵画の手法。
従来の「砂絵」と違い、砂の粒子の粗さで明度を、ハーブエッセンシャルオイルの香りでさまざまな色を表現します。

≪高橋りく≫
現代美術アーティスト・Maris ART Project代表。
1993年東京造形大学彫刻科卒業。在学中は佐藤忠良氏に師事。
2009年すべての人が見える絵画「マリス」を発明し、「Maris ART Project」を発足。以後、国内およびニューヨークを中心に数々の個展を開催、成功させる。作品は、美術館、日本点字図書館、日本ライトハウス等、国内外に所蔵されている。また、パーキンス盲学校本校で特別授業を開催するなど、支援活動の輪も広げている。2012年にはマリスの200ヶ国の国旗を展示するプロジェクトを開始。
2013年8月1日から11日にかけて、「ふれあいエスプ塩竈」(宮城県塩竈市)にて、まちと、人と、こころをつなぎ、被災地の方々に元気を届ける個展を開催。

≪関連イベント≫
ビッグ・アイ アートキャンプ「マリスでつなごう 世界をひとつに」
高橋りくさんを講師にお迎えして、一泊二日のアートワークショップを開催!
手ざわりを、香りを、感じて楽しむアート制作に挑戦してみませんか?
開催日:2013年8月10日(土)~8月11日(日)
※詳しくは、こちら

一覧へ戻る

Contact

お問合せ

宿泊室に関するお問合せ

072-290-0900

受付時間:9:00~23:00

宿泊のご予約はこちら

多目的ホール・研修室のご利用に関するお問合せ

072-290-0900

受付時間:9:00~23:00

多目的ホール・研修室のご利用に関するお問合せフォームはこちら

事業・ホームページ・情報紙に関するお問合せ

072-290-0962

受付時間:平日 10:00~18:00

事業・ホームページ・情報紙に関するお問合せフォームはこちら