ビッグ・アイ 国際障害者交流センターは障害のある方もない方もご利用いただける施設です。宿泊施設、研修室、ホールなどのご案内。:HOME

ここからその他のページメニューです。

ここまでその他のページメニューです。

ここからバナーです。

ここまでそのバナーです。

ここから本文です。

HOME >  Art >  大阪府障がい者舞台芸術オープンカレッジ2021【創造のコース】 演劇公演出演者ワークショップ・オーディション参加者募集!!

大阪府障がい者舞台芸術オープンカレッジ2021【創造のコース】 演劇公演出演者ワークショップ・オーディション参加者募集!!

チラシ表

■開催日時

2021年 9月 11日 (土) 14:00 〓 15:30
受付開始 13:30

■主催

大阪府
本事業は「第35回国民文化祭・みやざき2020、第20回全国障害者芸術・文化祭みやざき大会」「第36回国民文化祭・わかやま2021、第21回全国障害者芸術・文化際わかやま大会」と連携し実施しています。

■会場

国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)多目的ホール

舞台に上がるときがきた!
多様な人がいるから舞台創りはおもしろい。
いまこそチャレンジだ!


「大阪府障がい者舞台芸術オープンカレッジ」は、舞台芸術に興味のある方なら、だれでも参加できるワークショップです。経験の有無にかかわらず多様な表現を楽しむ「表現のコース」*と、高みをめざす人に向けてクオリティの高い芸術作品にチャレンジする「創造のコース」を実施しています。
今年度の「創造のコース」は、「大阪府障がい者舞台芸術オープンカレッジ」で演劇の講師をつとめる、はしぐちしん先生の演出による演劇公演を開催します。この公演をともに創る出演者を大募集!
障がいの有無や国籍、年齢も性別もすべて不問。いろんな人と新たな舞台を創ってみませんか?!
*「表現のコース」への参加募集については、別途チラシの送付やビッグ・アイと大阪府のホームページでお知らせします。

【ワークショップ・オーディション募集要項】
1.対象
障がいの有無や国籍、年齢、性別を問わず演劇に興味のある方
2.条件
●稽古と本番、全ての日程に出席できる方
●介助(介護)が必要な場合は、介助(介護)者の同伴がご自身で手配できること
●未成年の場合は、保護者の同意が得られること
●大阪府やビッグ・アイなどが掲載する広報物やホームページ、SNS、動画配信などに
写真・映像などの使用をご承諾していただけること
●応募、オーディション、稽古等の参加にかかる費用をご自身でご負担いただけること

3.定員
20名 ※応募多数の場合は書類選考 
4.応募方法
所定の応募用紙に必要事項をご記入の上、下記宛に郵送またはFAX、Eメールにて
お申込みください

・Eメールの場合は、件名に「演劇オーディション申込」と記載してください
・黒のボールペンかマジックでご記入をお願いします
・応募多数の場合は、応募用紙にてワークショップ・オーディション参加者を選考します
・ワークショップ・オーディションにご参加いただける方には、8月中旬頃に参加案内通知を郵送します
※書類選考による落選者には通知いたしませんのでご了承ください

5.応募締切
2021年7月31日(土)必着

【ワークショップ・オーディション開催情報】
1.開催日時 
2021年9月11日(土)午後2時~午後3時30分
2.会場
国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)多目的ホール
3.講師
はしぐちしん 俳優・劇作家・演出家・コンブリ団代表 コンブリ団のホームページは ⇒こちらから
[プロフィール]
大学生時代に演劇と出会い、90年、松田正隆主宰の時空劇場の旗揚げに参加。俳優として主な作品に出演をする。91年、バイク事故で脊髄を損傷、以後車いす俳優として活動し現在に至る。
時空劇場解散後も桃園会、劇団ジャブジャブサーキットなどの劇団に出演。07年には第9回関西現代演劇俳優賞を受賞。近年では、トリコ・A、エイチエムピーシアターカンパニー、東京の劇団燐光群への出演もあり、演劇活動の場所は関西にとどまらない。映像作品としては03年、MBSドラマ「シンシア~介助犬誕生ものがたり」に出演。
劇作家・演出家としては、90年代よりユニットにおいて作品の発表を続け、97年に京都演劇フェスティバル奨励賞を受賞。04年コンブリ団を結成し、そのほとんどの作品の劇作と演出を担当している。
10年、OMS戯曲賞大賞を受賞。20年、演出出演をした松田正隆作「紙屋悦子の青春」が関西BestAct再演部門に選ばれる。又、18年、Kiss FM KOBE 「ラヴィーナ&メゾン STORY FOR TWO」のラジオドラマシナリオを担当する。
演劇創作以外の活動では、ワークショップファシリテーターとして、京都芸術センターにおいて、戯曲リーディングワークショップを開催。19〜20年、「大阪府障がい者舞台芸術オープンカレッジ」講師を担当。こまばアゴラ劇場の演劇を活用したワークショップ研修会に19年より参加している。
さらにこれからの演劇人のため、高校演劇の指導者として、13・14・16年、三重県高校演劇大会県大会の審査を、17年には大阪府高校演劇大会府大会の審査を担当。16・17年、伊丹アイホールの「高校生のための戯曲講座」講師を担当している。

4.アドバイザー
森田かずよ 女優・ダンサー
5.アシスタント 
中嶋悠紀子 劇作家・演出家俳優、プラズマみかん主宰
中島由美子 俳優・パフォーマー
藤原美加 ダンサー
森山真由子 ダンサー


【出演決定後のスケジュール】
1.稽古日程・会場
(1)  9月20日(月・祝)ビッグ・アイ 研修室
(2)  9月25日(土)ビッグ・アイ 多目的ホール
(3)  9月26日(日)ビッグ・アイ 多目的ホール
(4)  10月2日(土)ビッグ・アイ 多目的ホール
(5)  10月10日(日)ビッグ・アイ 研修室
(6)  10月23日(土)クレオ大阪中央館 多目的室
(7)  10月31日(日)ビッグ・アイ 研修室
(8)  11月6日(土)クレオ大阪中央館 多目的室
(9)  11月13日(土)ビッグ・アイ 研修室
(10)11月14日(日)ビッグ・アイ 研修室

2.稽古時間
午後2時~午後3時30分
※稽古の会場と時間は変更する場合がございます。変更がある場合は、事前に連絡をいたします。

3.本番日・会場
2021年11月21日(日) 国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)多目的ホール
※「大阪府障がい者芸術・文化コンテスト2021」のプログラムとして公演いたします。
※新型コロナウイルス感染症の感染状況や天災(地震、落雷、暴風雨、洪水等)、主催者の要請等の事由により、公演内容の変更や中止となる場合もございます。あらかじめご了承ください。


【新型コロナウイルス感染症の予防と拡大防止に向けた取り組み】
当事業は、新型コロナウイルス感染症の予防と拡大防止の観点から、三つの密(密集、密接、密閉)を避け、こまめな手洗い・消毒、マスクの着用、体温の測定と健康チェックを行うほか、大阪コロナ追跡システムに登録などを実施いたします。参加者の皆さまには、参加通知と一緒に、新型コロナウイルス感染症の予防と拡大防止へのご協力の詳細なご案内を送付いたします。

ここまで本文です。

ここからこのカテゴリ内のメニューです。

No Border すべての人がここに:障がいのある方も、ない方も、すべての人にご利用いただける施設です。

ここまでこのカテゴリ内のメニューです。

メインコンテンツに戻る

ここからフッターメニューです。

ここまでフッターメニューです。