2011年度サロン旅行「台湾旅行記」

「台湾旅行記」の思い出写真

台湾旅行記TOP
写真で振り返る旅行
自由行動の思い出
みんなの感想
旅行について

単なるツアーではない、自分たちで作る旅。
自由に、行きたいところへ行けるように。

初めてのサロン旅行、行き先を台湾にしたのには理由があります。

飛行時間が短いため、トイレの心配がない。
バリアフリーも悪くない。
現地で公共交通が利用できる。
私自身の知人が多く、国際交流もできる。

障がいのある人にとって、初めての海外デビュー。
その行き先に最善だと考えたからです。

<旅行概要>

日 程 : 2012年2月23日(木)〜27日(月) 4泊5日
目的地 : 台湾(台北)
費 用 : 約10万円
参加者 : 11名(車いす3名、杖1名を含む)+ビッグ・アイ職員2名 計13名

<実施して(サロンマスターより)>

・ 車いす4台だと、飛行機に搭乗、バスの乗降、トイレに、かなりの時間がかかる。
  時間にゆとりを持った計画がやっぱり必要。でも観光時間を増やしたいジレンマ。
  もっと台数が増えるなら、大変だなあー。


・ すべての行動を、一緒にすると障がいのない人にとっては、時間がもったいない。
  互いにハッピーになるため、無駄な待ち時間を減らすため、
  土産物屋を見るとか、散策してもらうとか、先に進んでもらうとか、工夫も必要。


・ ホテルの車いす対応部屋は、やっぱり大変。
  設備が完璧なところを求めるとお金がかかる。そのバランスが非常に難しい。


・ 今回のメンバー構成は、若い人から年配まで。女性も男性も。障がいの有無も。
  彩り豊か。バラバラで多様的でした。理想的なメンバーとなりました。感謝。


・ 台湾には5回訪問したことがあるのに、2月が雨が多いとは知らなかった。
  車いすと雨は相性が悪いのに、完全なる失態。ごめんなさい。
  気温や降水量のデータだけでは分からないこともある。勉強になりました。


・ 団体行動のメリット(食事、料金、公共交通のないところへのアクセス、賑わい)
  個人行動のメリット(自由、ハプニング、現地人との交流、緊張感、柔軟性)
  双方の美味しいところどりができるサロン旅行をめざします!