ビッグ・アイ 国際障害者交流センターは障害のある方もない方もご利用いただける施設です。宿泊施設、研修室、ホールなどのご案内。:HOME

ここからその他のページメニューです。

ここまでその他のページメニューです。

ここからバナーです。

ここまでそのバナーです。

ここから本文です。

HOME >  Event Calendar >  【障がい者の舞台芸術表現・鑑賞に関する実態調査報告会】芸術・文化を通じた新たな社会創造~芸術・文化に求められるニーズと解決にむけて~

【障がい者の舞台芸術表現・鑑賞に関する実態調査報告会】芸術・文化を通じた新たな社会創造~芸術・文化に求められるニーズと解決にむけて~

■開催日時

2017年 3月 18日 (土) 14:00 ~ 16:00
受付開始(13:30~)

■主催

ビッグ・アイ共働機構
《協力》公益財団法人日本財団パラリンピックサポートセンター パラリンピック研究会

■会場

ビッグ・アイ(国際障害者交流センター)大研修室



ビッグ・アイは日本財団パラリンピック研究会と連携し、障がい者の舞台芸術表現・鑑賞に関する実態調査プロジェクトを立ち上げ、昨秋全国規模でアンケート調査を実施しました。アンケートは、①障がい者 ②障がい者施設 ③障がい者とともに活動する実演団体 ④公共・民間の文化施設を対象に、障がいのある人たちの舞台芸術表現の活動状況と鑑賞の機会について調査しました。このシンポジウムでは結果報告とともに、そこからみえてきた課題やニーズ、環境整備や支援策についての意見交換を行ないます。

《パネリスト》

障がい者の舞台芸術表現・鑑賞に関する実態調査プロジェクトチーム

吉野 さつき(愛知大学 文学部 准教授)

村田 博信  (東京藝術大学 特任研究員)

間瀬 勝一  (公益社団法人全国公立文化施設協会 理事・アドバイザー)

佐藤 宏美  (公益財団法人日本財団パラリンピックサポートセンター パラリンピック研究会 上級研究員)

秋元 千枝  (特定非営利活動法人スローレーベル)

南部 充央  (株式会社リアライズ バリアフリーイベントディレクター)

鈴木 京子  (国際障害者交流センター ビッグ・アイ 事業プロデューサー)

《日時》
平成29年3月18日(土) 14:00~16:00(受付13:30~)

《申込方法》
郵送(封書)、FAX、ホームページ応募フォームよりお申込みいただけます。
ホームページ応募フォームからのお申込みはこちら。
郵送(封書)、FAXでのお申込みは下記をご参照ください。
申込用紙(PDF/Word)は下記よりダウンロードできます。
★同伴者(介助者を含む)は3名までご一緒にお申込みいただけます。
★応募多数の場合は抽選。3月上旬に当選者のみ通知いたします。

《郵送・FAX申込先》

ビッグ・アイ「報告会」係
〒590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-8-1
FAX 072-290-0972

《申込締切》
平成29年2月28日(火)必着

■対象・定員

50名※応募者多数の場合は抽選。3月上旬に当選者のみ通知します。

■バリアフリー対応

手話通訳/要約筆記/点字資料/拡大資料
車いすでの参加/補助犬の同伴

※手話通訳、要約筆記、点字資料、拡大資料等をご希望の方は申込時に必ず明記(応募フォームでは選択)してください。

※ご希望のない場合、情報保障のサポートは行ないません。

■参加費

無料

■参加方法

下記の必要事項をご記入の上、郵送(封書)、FAXにてお申込みください。申込用紙(PDF/Word)は下記よりダウンロードできます。

①氏名(フリガナ)
②性別
③所属(フリガナ)※所属する団体・会社・学校名等をご記入ください
④郵便番号
⑤住所 ※通知の送付先をご記入ください。
⑥電話番号
⑦FAX番号
⑧Eメールアドレス
⑨同伴者氏名(フリガナ)※介助者を含む3名まで同伴できます。
⑩同伴者所属(申込者と異なる場合ご記入ください)
⑪希望するサポート(手話通訳/要約筆記/点字資料/拡大資料/車いすでの参加/補助犬の同伴)
⑫車での来場希望
※駐車証をお持ちの方のみ駐車可能となります
※応募者多数の場合、抽選とさせていただきます
⑬特記事項※特に配慮を要する事項があれば具体的にご記入ください。

■申込締切

2017年 2月 28日 (火) 18: 00

■申込・お問合せ先

ビッグ・アイ「報告会」係
〒590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-8-1
TEL 072-290-0962 FAX 072-290-0972
Eメール
chousa@big-i.jp

※TELは平日10:00~18:00
※メールでのお申込みはできません。

ここまで本文です。

ここからこのカテゴリ内のメニューです。

No Border すべての人がここに:障がいのある方も、ない方も、すべての人にご利用いただける施設です。

ここまでこのカテゴリ内のメニューです。

メインコンテンツに戻る

ここからフッターメニューです。

ここまでフッターメニューです。