ビッグ・アイ 国際障害者交流センターは障害のある方もない方もご利用いただける施設です。宿泊施設、研修室、ホールなどのご案内。:HOME

ここからその他のページメニューです。

ここまでその他のページメニューです。

ここからバナーです。

ここまでそのバナーです。

ここから本文です。

HOME >  Art >  〈東京会場〉ビッグ・アイ アートプロジェクト入選作品展「共振 響心」~時を掬ぶ~

〈東京会場〉ビッグ・アイ アートプロジェクト入選作品展「共振 響心」~時を掬ぶ~

17巡回展チラシ(オモテ)

■開催日時

2017年 4月 29日 (土) 10:00 ~ 5月 7日 (日) 19:30
〈最終日は17:00まで〉

■主催

主催/国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)
協力/株式会社東急文化村(東京会場)

■会場

Bunkamura Box Gallery

ビッグ・アイ アートプロジェクト 入選作品展

共振×響心 ~時(とき)を掬(むす)ぶ~
 

人と人とを繋ぐアートの力。ビッグ・アイ アートプロジェクトは、このアートをツールとし、障がいのある人、ない人、すべての人々の交流を促進し、感動やよろこびを共にするプロジェクトです。障がい者アーティストの活動の場を拡げるとともに、障がい者自身が自己の可能性を見出し、自己実現ができるよう、下記の3つをコンセプトにプロジェクトを推進します。

 

障がいのある方にアートの活動機会を提供します。

才能あるアーティストの発掘と育成を行います。

障がいのあるアーティストの活動を支援し、社会へ発信します。

 

6年目を迎えた2016年度の「作品募集」には、国内外から1,392点もの作品が届きました。この展覧会では、美術界で活躍する7名の審査員によって選出された50作品をご紹介します。

 

審査員

西村陽平(造形作家)

秋元雄史(東京藝術大学大学美術館館長・教授、美術評論家)

エドワード M. ゴメズ(RAW VISION編集局長)

上田バロン(イラストレーター)

永野一晃(写真家)

望月虚舟(書家)

中津川浩章(美術家)

 

展覧会アートディレクター

中津川浩章(美術家)

 

会場
東京/Bunkamura Box GalleryHP
150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
JR線「渋谷」駅ハチ公口より徒歩7
東京メトロ銀座線、京王井の頭線「渋谷」駅より徒歩7分
東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷」駅3a出口より徒歩5
TEL 03-3477-9174

 
≪関連イベント≫
東京会場 Bunkamura Box Gallery Workshop

視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ 

障がいの有無にかかわらず、多様な人が集まり、言葉を交わしながら一緒に美術作品を鑑賞するワークショップを開催!さまざまな視点を持ち寄ることで、一人では出会えない新しい美術の楽しみ方を発見できるはず。感じたことを思うままに語り合ってみませんか? 

日時 201753日(水・祝) A 10301300B 15001730

講師 視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ(facebook

参加無料 要申込(先着順) 定員各回5名程度


≪申込状況≫
4月14日時点で定員に達しましたので、現在キャンセル待ちとなっております。

申込方法

下記の必要事項をご記入の上、FAXまたはハガキ、封書、Eメールのいずれかにて下記までお申込みください。

ご参加いただける方には、順次郵送にて通知いたします。

希望する時間(AまたはB
氏名(フリガナ)
年齢
郵便番号
住所
電話番号
FAX番号
Eメールアドレス
障がいの有無
同伴者氏名(フリガナ)
介助が必要な方は、介助者のご同伴をお願いいたします。

 

申込・お問合せ

ビッグ・アイ「アートプロジェクト」係

590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-8-1

TEL 072-290-0962 FAX 072-290-0972

Eメール museum@big-i.jp

 

ここまで本文です。

ここからこのカテゴリ内のメニューです。

No Border すべての人がここに:障がいのある方も、ない方も、すべての人にご利用いただける施設です。

ここまでこのカテゴリ内のメニューです。

メインコンテンツに戻る

ここからフッターメニューです。

ここまでフッターメニューです。